2012年10月22日月曜日

修道院のお菓子(サラマンカ旧市街)


カンタラピエドラの修道院のシスター・マリアアンヘルが紹介してくれた村のおじさんに車でサラマンカまで送ってもらいました。と言ってもおじさんは彼女の顔を一度も見た事がなく、声しか知らないのだそう。

サラマンカではキッチン付きのホテルだったので、市場で野菜や果物、サバの酢漬け、パンなどを買い込んで部屋でゆっくり昼食を楽しんだ後、旧市街に出かけました。

サラマンカに行く機会のある方にぜひ足を運んで頂きたいのが、旧市街にあるConvento(Monasterio)de las due?as ドゥエニャス修道院です。歴史的建造物である古い修道院の中を見学することもでき、今現在も暮らしている修道女たちの手で作られたお菓子が売られています。


1419年に設立されたというこの修道院。もともとは宮殿だったムーア様式の建物が美しく、内部を観るだけでも充分価値があります。


中庭、そしてアーチのひとつひとつが美しい。


17世紀にギネアのお姫さまがこの修道院の修道女となり暮らした頃のものや、可愛らしい修道院にまつわるものも展示されています。



見学し終わった後は入り口(出口)横にあるお菓子の販売場所に。
トルノもありましたが、格子がついた窓口で車いすに乗った70代の修道女がお菓子の説明をしてくれました。この人もまた肌がきれいで「綺麗な肌ですね」と言ったら、「よくそう言われるの。いつも水で洗うだけ、何かをつけたことがないのよ」。


ここのマグダレーナ、美味しいです。


そしてマンテカード(ポルボロンのようなお菓子です)。実はまだ食べていない。。




2 件のコメント: